アーバンパレスクロド佐賀城内 トップページ > デザイン
Design
Facade Design
歴史の風情と都心の景観に調和する、全邸南向きのレジデンス。

白と黒のツートンカラーで構成された和モダンな外観デザインは、佐賀城の印象に調和しながら、都心の景観にスタイリッシュな存在感を主張します。
バルコニーの手摺りガラスが陽光を柔らかく反射し、全邸南向きの開放感を漂わせながら、落ち着いた洗練の佇まいを宿すレジデンスです。

外観
外観
 
The view from the 14th floor
眺望

南向きのバルコニーからは、佐賀県立佐賀城公園の美しいお濠の眺望が広がります。

※掲載の眺望写真は現地14階相当の高さから撮影(平成25年9月16日)に撮影したものです。

Land Scape

二方を通りに面した角立地に、快適で安心のレジデンスをプランニング。全戸分以上の駐車場を確保し、歩車分離や防犯カメラの設置等で充実のセキュリティを追求。都心の大通りという周辺環境にも調和した植栽計画など、心地よく、安心に暮らせるよう配慮しました。

 
季節を感じさせる植栽は街路樹のある歩道の景観にも調和。

淡い緑の新緑が美しいシマトネリコや可愛い花を咲かせるサツキツツジやヤブツバキなど、季節の移ろいを楽しめるような植栽を配しました。街路樹のある歩道とも調和し、心和む緑のゾーンを創り出しています。

シマトネリコ
ヤマボウシ
サツキツツジ
ヤブツバキ
8台の防犯カメラでセキュリティを追求。

不審者の侵入や死角を最小限に抑えるため8台の防犯カメラを設置。安心・安全な暮らしを見守ります。

防犯カメラ
二方角地で、メインストリートに面した開放感。

立地は、佐賀県庁前の大通りに面した二方角地。街路樹のある歩道に面した南向きの住まいは、隣接感が少なく、開放感に包まれます。

人と車の動線を分けた歩車分離で安心。

人と車、自転車の動線を分けて、安全に配慮。また自転車置場や駐車場からエントランスホールへの出入口も設けています。

外観と調和した和モダンなアプローチ。

美しい木々の植栽とやわらかな光が演出するアプローチが、住まう方やゲストを温かく迎えます。

都心立地に全戸分100%以上の駐車場を確保。

全48戸に対して49区画50台分の駐車場を確保。一部はタワーパーキングで防犯面でも安心です。

洗練の落ち着きで迎えるエントランスホール。

坪庭を設けたエントランスホールは、緑の表情ややわらかな自然光が楽しめる洗練された空間です。

和モダンの趣を漂わせ、心地いい上質な落ち着きを演出。
Approach

エントランスへといざなうアプローチは美しい葉を繁らせる木々と自然の表情がある石を配し、外観と調和した和モダンの印象。
やわらかな灯に照らし出される重厚感と気品に包まれたエントランスが住まう方やゲストを温かく迎えます。

アプローチ
Entrance Hall

エントランスホールへと足を踏み入れると、正面にはモウソウ竹のある坪庭。
ルーバーが光の表情をやわらかく演出し、緑の眺めや自然石などとともに、色調も佇まいも落ち着きのある空間になっています。
洗練された上質感の漂うエントランスホールは、やさしい温かみのある静寂をまとい、心和ませます。

※CGパースは、図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。



space